TeamSpeak


ダウンロード

まず、インストーラーをダウンロードします。
公式サイトを開く
サイトにアクセス後、サイト上部メニューより「Download」→「TeamSpeak3」へ飛んでください。

Windows 32bitの場合は Client 32-bitを、Windows 64bitを使用しているPCでは Client 64-bitを選択、ダウンロードしてください。
ダウンロード時、エンドユーザー使用許諾契約書に同意する必要があります。

(Windows XPは、32bitを選択してください。Windows Vista/7は、スタート→コンピューターを右クリック→プロパティ内の「システムの種類」からご確認ください。)
TeamSpeak3 ダウンロード

MacOSを使用している場合はMac対応のインストーラをダウンロードしてください。

インストール

インストーラーを実行したら、Nextボタンを押してウィザードを進めてください。
途中、「End User License Agreement」の同意を求められたら「I Agree」を選択することで、同意することができます。

初期設定

初めて起動すると、セットアップウィザードが起動します。

  1. 「Please choose a nickname」に、ニックネームを入力します。
    RefineFPSのTS3サーバーへ接続する場合は、自身のMinecraftIDで接続する必要があります。
  2. 音声の送信方法を選択します
    1. 「Voice Activation Detection」(推奨)
      マイクに一定以上の入力がある場合のみ、音声を送信します。
      設定を適切に行わないと、相手に音声が上手く届かない場合があります。
      (設定はNextを押すと表示されます)
    2. 「Push-To-Talk」
      特定のキーを押している場合のみ、音声を送信します。
      (No Hotkey Assignedボタンを押して、キーを設定できます)
  3. 「Voice Activation Detection」を選択した場合の設定
    「Begin Test」を押した後、いつも通りマイクに話しながらメーターより下へ目盛りを移動させてください。
    目盛りより入力レベルが低い場合は、相手に送信されなくなります。
    マイクが反応しない場合は既定のデバイスを確認してください。
  4. マイク/スピーカーをミュートにするキーを設定(任意)
    No Hotkey Assignedボタンを押して、キーを設定できます
  5. 通知音声の声を選択できます。どちらかを選んでください
  6. 「Enable Overlay」は選択する必要がありません。
  7. チェックを全部はずしてFinishを押してください

接続

「Connections」→「Connect」を選択
Server Addressに、IPアドレスかホスト名を入力
Nicknameに、ニックネームを入力して、「Connect」を押す
RefineFPSのサーバーアドレスはMinecraftサーバーと同様のIPです。 こちらで確認できます。

日本語化

必須ではありませんが、TeamSpeak 3は日本語化することができます。
日本語化ファイルのダウンロード先